Tone Blog

ブログ

SHOP INFORMATIONお店情報
Tel:098-898-7543
Open:18:00pm~5:00am
年中無休
沖縄県宜野湾市我如古2-13-2
駐車場:あり

お問い合わせお問い合わせ
Twitterツイッター



Facebookフェイスブック

琉球紅茶をご存じですか?


皆さんこんにちは!今日は暖かいというか暑い日差しの沖縄です。また明日から少し冷え込むようですが。今日はタイムリーな話題です。昨日テレビでも紹介されていた【琉球紅茶】について書いてみようとおもいます。

面白そう!とおもいましたが残念ながら出勤時間とかぶっていてテレビは見逃してしまいました。でまた学習したことを書いてみます。【琉球紅茶】というブランドは、【沖縄ティーファクトリー】という会社が製造・販売されているのだそうです。創業平成12年、会社設立は平成17年ですが平成7年に沖縄に移住されているのだそう。元々は福岡の方で紅茶の産地スリランカで紅茶の輸出に携わる仕事をされていたのだそうです。福岡出身というだけで僕(福岡生まれ)は勝手に親近感満載です。


 

世界的に有名な紅茶の産地は、【インドのダージリン】【スリランカのウバ】【中国のキーマン】ですが、沖縄はこの名産地に肩を並べる潜在性があるのだそうです。やせた赤土、強い紫外線など沖縄は紅茶造りに適しているのだそう。インドのアッサム地方と同じ北緯26度の場所にあるのも理由の一つです。そして、試行錯誤の末に沖縄県産100%の100グラム1万円超の【月夜のかほり】を販売、フランスのミシュランと並ぶグルメガイドのパーティーでは欧州の紅茶専門家に絶賛され、世界的に有名な紅茶販売会社からオファーをうけ取引されているそうです。すごいですねー!月夜のほまれとは、【月夜をあびている時にのみ収穫した沖縄の茶葉】。んー、なんとも神秘的。

しかし、最初は大変だったみたいです。何事においてもそうですが最初は大変です。仕入れた紅茶の苗木が90%枯れてしまったり、今でも塩害で25%もの苗木がだめになったりするそうです。でも沖縄の豊かで紅茶造りに適した環境や日本茶の製造秘術などを信じて「沖縄を紅茶の島にしたい!新たな産業として成り立たせたい」という想いを込めて日々邁進されているそうです。

琉球紅茶チャイ



 
そんな想いのこもった紅茶の茶葉からは夕張メロンのような香りがするのだそうです。これは沖縄独特の土壌などの生育環境が原因でスリランカや他の産地にはないのだそうです。「飲みたくなってきた~」と思ったら去年沖縄のデパートに直営店舗がオープンしたのだそうです。そして沖縄産ウコン、カルダモン、シナモン、グローブなどと紅茶をブレンドした【琉球紅茶チャイ】。ハイビスカス、ローズヒップ、ペパーミントと紅茶をブレンドした【琉球紅茶ハイビスカス】が人気みたいです。こちらはそんなに高価ではなさそうなので試してみて美味しそうならばお店のメニューとして導入してみたいと思います。早速、今から行ってみようと思います。今日はこの辺で。

琉球紅茶ハイビスカス



 

category: 沖縄県産品


ページの上へ

Copyright c ToneCopyright c Tone. All Rights Reserved.