Tone Blog

ブログ

SHOP INFORMATIONお店情報
Tel:098-898-7543
Open:18:00pm~5:00am
年中無休
沖縄県宜野湾市我如古2-13-2
駐車場:あり

お問い合わせお問い合わせ
Twitterツイッター



Facebookフェイスブック

海っぽい店内になるのは?ウインドサーフィン全日本学生選手権!!


皆さんこんばんは!今日はまた少し寒くなりましたねー。タイトルにも書きましたが金曜日から和歌山の和歌山マリーナシティーでウインドサーフィンの全日本学生選手権団体戦が行われています。後輩達が頑張ってる姿をネットでみて懐かしいなーと思うこともあり今日のブログで書いてみようとおもいました。

先輩がコーチとして参加されてたアテネ五輪のポスター



 
団体戦とは、各大学5名の選抜チームを編成して、そのうち1レース3名が出場して3名の合計の成績で順位が決まる大会です。1人だけ速くてもダメでチームとしての総合力が勝負のカギです。自分達の頃はこの大会はありませんでした。この時期に行われる大会なので4年生にとっては本当に最後のレースになるのです。金曜日に4レースが行われ琉球大学は総合1位。土曜に2レースが行われ総合3位。そして今日が最終日でした。結果は、総合3位。そして個人成績で2位でした。でもこの最終日で4年生のエースが2レースとも1位。最後の最後で大逆転のレース展開で鳥肌がたちました。便利なものでツイートキャスティングでライブで見れたのです。

ハワイの標識



 
自分達の頃は、学生と社会人のクラスがちょうど変わり目で、学連自体も関東と関西九州の半分ずつみたいな中途半端な選手権でした。1980年代はワンデザインでサーファー艇というクラスが主流。というか最初の頃はそれしかなかった。そこからボードが進化してレースボードになった。でもセイルが2枚までとか色々複雑で結局イムコにおちついた。でまた今はテクノ。そんな流れですね!僕らの現役の頃は、映画にもなった日本人で唯一ワールドカップを転戦していた故飯島夏樹さんやオリンピック出場を目指して戦われていた杉本武さんが先輩にいるような超体育会系のウインドサーフィン部でやっぱり強いサークルでした。先輩達に触発されて世界にいくかどうか?みたいな話をよくしていましたねー。懐かしい。2つ上の先輩が全日本選手権優勝。自分達の代のキャプテンが変わり目のインカレで優勝、一つ下の代もインカレで優勝でした。自分は、1レース目だけ得意な風域で3位。その他は風がおちたこともあり失敗しました。でそのまま全日本選手権で得意な風域とおもいきや風が吹きすぎてノーレースでした。そんな苦い思い出のあるウインドサーフィンの大会でした。

バリ島のキャンドルホルダー



 
社会人になれば、学生の時ほど時間を自由にはできません。あの時自分は全力をだせたかどうか?というか大会自体が中止になったのが残念でしたね。卒業後、サーフィンに転向ししつこく海に通っているのはこのあたりが原因なのかもしれません。そして、海っぽいポスターなども飾っているのもこのあたりが原因なのかもしれません。何事も悔いのないようにしなくっちゃですね!今日はこの辺で。

現役時代23歳の自分



 
 

 

category: 昔話


ページの上へ

Copyright c ToneCopyright c Tone. All Rights Reserved.