Tone Blog

ブログ

SHOP INFORMATIONお店情報
Tel:098-898-7543
Open:18:00pm~5:00am
年中無休
沖縄県宜野湾市我如古2-13-2
駐車場:あり

お問い合わせお問い合わせ
Twitterツイッター



Facebookフェイスブック

沖縄の食材!島豆腐について


皆さんこんにちは!今日も暑い沖縄です。さて今日は、沖縄の食材島豆腐について書いてみたいとおもいます。


 

島豆腐の特徴といえば、固いこと。温かい状態で売られていること!が大きな特徴ですかね!固いのはまず普通の豆腐とは製法が違うからです。これは、生しぼり法という製法で大豆をすりつぶしたものをしぼった後に煮るのだそうです。(普通の豆腐は、大豆を煮て絞ってもう一度煮る。)そして、にがりを入れて固める時にじっくりと重さをかけてつくるのだそうです。そのため水分が抜けて固く仕上がります。そして、普通の豆腐に比べてキメが粗くそのかわり栄養価が1.3倍程高いです。なんで固くつくる必要があるの?と疑問に思い色々調べましたがはっきりと記載されているものはありませんでした。これはまた続編を書こうとおもいます。

すくがらす豆腐



 次に温かい状態で売られているのは琉球王朝時代から豆腐は温かい状態で食べるのが伝統だからだそうです。温かい沖縄だからそうなったのでしょうか?これも謎です。面白いエピソードとしては、アメリカ軍の統治下から日本の領土として返還されるときに、食品衛生法で豆腐は水にさらした状態で販売すること!という法律に従う事!とのことに伝統の食文化をなくすのか!という反対運動がおこり沖縄に限る特例でそのままの状態で売ってもいいことになったそうです。そして今現在も温かい状態で売られています。温かい状態で売られているため賞味期限が短いのが欠点ですかね?

豆腐チャンプルー



 
おいしい島豆腐は、釜で直火でつくられているため、とてもよい香りがします。これは直火でつくられているためにできるおこげが原因のようです。当店の島豆腐も夕方製造のものなのでいい香りがします。すくがらす豆腐、豆腐チャンプルーとしてメニューにありますので機会があれば試してくださいね!!豆腐の続編は、琉球王朝の食文化あたりを調べてみたいとおもいます。

参考サイト  urumax http://read.uruma.jp/read/17/


ページの上へ

Copyright c ToneCopyright c Tone. All Rights Reserved.