Tone Blog

ブログ

SHOP INFORMATIONお店情報
Tel:098-898-7543
Open:18:00pm~5:00am
年中無休
沖縄県宜野湾市我如古2-13-2
駐車場:あり

お問い合わせお問い合わせ
Twitterツイッター



Facebookフェイスブック

お待たせしました。地元佐賀の銘酒【鍋島】入荷です。


皆さんこんにちは!秋晴れ!?体育祭日和!?今日もそんな過ごしやすい一日でしたねー!!さて今日は僕の地元の銘酒鍋島入荷のお知らせです。

 


 

飲み友の杉浦さんが佐賀出張で不可能を可能にしてお土産で持ってきて下さいました。なんてったって去年のグランプリ受賞の希少な鍋島なんですから。本当にありがたいっす!そして、今日は少し鍋島のルーツも書いてみたいと思います。佐賀県西部鹿嶋市にある小さな蔵元冨久千代酒造で造られている日本酒です。創業は大正末期と古くからある蔵元です。先代を不慮の事故で亡くした為、急遽帰省して家業を継ぐことになったことからこの新しい銘柄は生まれたようです。酒造技術、理論を学ぶために醸造試験場にて学ばれ、地酒として地元の酒販店、飲食店に愛されるお酒を造るために勉強会を重ねるなど様々な試行錯誤を繰り返されたようです。鍋島という銘柄も地元にふさわしい銘柄を地元の佐賀新聞社の記事による公募にて決められたのだそうです。んー、思い入れが凄くて脱帽です。そんな訳で鍋島という銘柄が誕生したのは1998年(平成10年)です。最初は、なかなか売れなかったそうですが2004年辺りから品評会で金賞を連発!!情報誌の取材なんかも少しずつ増えて、今ではなかなか入手することができない大人気の日本酒になってしまいました。品質と熱意の相乗効果ですね!!素晴らしい!

 

鍋島の歩みは、小さな飲食店を成功させる秘訣が沢山つまっています。米どころ佐賀という土地柄、鍋島というネーミング、地元の酒販店と一緒に造り上げる戦略。なんといっても小さな蔵元が造る限定数量のおいしいお酒という方向性が素晴らしいと思います。勝負できるところで勝負する!小さなお店には小さいお店なりの戦い方がある!!という見本のような気がします。歴史好きの僕は、最初から鍋島っていう名前だけで興味深々でした。少しずつ人気がでていった過程も知っています。杉浦さんのお土産以外にも今年生産の分を少し入荷できる様になったのでもう少ししたらメニューにのせようと思います。それまでは裏メニューでいきます!!また新しく入荷したらお知らせ致しますね!!

 

 

 

 


ページの上へ

Copyright c ToneCopyright c Tone. All Rights Reserved.