Tone Blog

ブログ

SHOP INFORMATIONお店情報
Tel:098-898-7543
Open:18:00pm~5:00am
年中無休
沖縄県宜野湾市我如古2-13-2
駐車場:あり

お問い合わせお問い合わせ
Twitterツイッター



Facebookフェイスブック

古酒(クース)の作り方


古酒(クース)の作り方は、琉球王朝時代から伝わる技術があります。今日はこのあたりについて書いてみようとおもいます。

古酒(クース)ってただ寝かせていれば(熟成させて)いればできるものではありません。
ただ置いているだけでは、やがて【酢】や【水】に戻るかもしれません。
古酒を作るには、それを防ぎながら、なおかつ熟成を重ねていく技術があるのです!


その技術は、【仕次ぎ】と呼ばれており100年以上の古酒を可能にするのです。
具体的にいうと、年代物の古酒にそれより少し若い古酒を注ぎ足すことで、古酒の熟成した香りや芳醇さを保ちながら、酒を劣化させないようにする手法です。


余談ですが、戦前までは100年、200年といった古酒が数多く存在し、名家の家宝として賓客に振る舞われていたといいます。
現存している最古の古酒は、識名酒造にある【150年古酒】だそうです。
戦火を免れた【古酒】なにか神秘的な感じですね!
今度見にいってみようと思います。

古酒を味わう時に使う酒器【カラカラ】



 

 

 

category: お知らせ


ページの上へ

Copyright c ToneCopyright c Tone. All Rights Reserved.